VRChat を始めて1週間が経ちました

ひょんなことから VRChat を始めて1週間が経ち、かなり楽しめています。

インターネット黎明期のような、手作り感のあるコンテンツがとても多く、コミュニティがどんどん構築されていく様子を見て、いつになくワクワクする気持ちがしています。

そんな VRChat を始めてみた記録をここに残していきます。以下の説明は、PC版前提の操作になりますので、ご了承ください。

所感を元に、これから始めてみたい方向けのガイドも最後に記載していきますね。

きっかけ

きっかけはマーダーミステリーでした。

友人とマーダーミステリーをしようということになり、Discord でとあるシナリオをやったところ、これはおもしろいぞと。

そして、VRChat でマーダーミステリーをやっているイマーシブクラウドというグループがあることを知ります。

「そんな素敵な団体が・・・!これは VRChat をやってみるしかない!」

ということで、ふわっと始めてみました。

1日目

VRChat を立ち上げてみた

VR ヘッドセットを持っていなくても大丈夫!

non VR モードでも起動ができるようです。

個人的にはまずはこれで始めてしまっても良いと思います。

そしてチュートリアルの後・・・

ワケガワカラナイヨ

VRChat Hub という場所へ行ってみた

わけがわからないなりに、最初のゲート VRChat Hub に入ってみました。

「うわ!めっちゃ英語で話しかけられる!」

「イエアアアア!!フーアーユー??」

「やばい、怖い!」

私はそこそこ英語自信ニキ(外国に4ヶ月くらいいた)だったのですが、それ以外はほとんど英語が聞き取れず、自信は脆くも崩れ去りました。

コミュニケーションムズカシイネ

でも、いつかはまた外国の方のいるサーバーに行きたいとも思います。くじけない!

日本語のワールドはないの?と思って探してみた

VRChat 日本wikiを読んだところ、日本人が多いワールドがあるとのことで、[JP]Tutorial worldへ行ってきました。

ESC キーを押して WORLDS から Search で JP を入力すると検索ができました。

こんな画面が出てきたら、Go ボタンを押すと入れます。

日本語の安心感!こちらをたどっていくことで、操作方法がだいたい理解できました。なんて優しいワールドや・・

また、このワールドは日本ユーザーの方や、日本語が堪能な外国の方も多く、挨拶をしてくれたりと親切な方が多かったです。

本記事を書くために取材に訪れた際も、初心者ユーザーに親切に教えている方々がいらっしゃいました。

ここで VRChat の雰囲気を掴んでうろうろしていたら一日が終わっていました。

2日目

アバターどうしよう問題

VRChat は皆様素敵なアバターで活動しています。始めてすぐに、自分も素敵なアバターを使ってみたいなと思いました。

皆様はどこでアバターを設定しているんだろう?という疑問がわきました。

そんな中で Tutorial World をうろうろしていると・・・

ペデスタルに近づいてクリックすると、アバターが変わるとのこと。

クリックして、鏡をみてみると。

おおお!おっちゃんになってる!

ということで、ペデスタルを集めたワールド「アバターワールド」というものがあるらしい!

これは行ってみなければ!そして、訪れたのが・・・

HIMIKO Avatar World

いっぱいアバターがある!すごい!

とはいえ、人様が作成したものを使ってもいいのが心配ですよね。でも、このワールドで掲載されているものは、すべて VRChat での使用が許可されているものとのことです。まずはこちらから使ってみようと思いました。

とはいえ、姿を借りているということもあるので、アバターの製作者様に敬意を払い、礼節を持って行動しましょう。

また、原作(アニメキャラなど)があるようなアバターを集めたアバターワールドもありますが、使用することは控えましょう。

この日に巡ってみたその他のワールド

Connect Station

初心者にありがちな、設定の抜け漏れを教えてくれる親切な方に出会えました。

1619Hz

「VRC初心者の日本人の方が、まず日本語で交流できる場で慣れて欲しい」という趣旨で作成されたワールドとのことです。(VRChat 日本語 wikiより抜粋)

3日目

イベントカレンダーに出会う

VRChatイベントカレンダー というものがあることに気づきました。毎日自動更新されるポスターとのことです。これを見てみると、気になるイベントが・・・

今日も一日生き延びてえらいっ!集会

なんと素敵なタイトルだろうかということで、行ってみたくなりました。

今日も一日生き延びてえらいっ!集会

参加方法は「主催者にフレンド申請」→「集会の時間になったら Join する」

???え、いきなりフレンドになっていいの?それで、Join って何???

となりましたが、そこはもう恐れてなんかいられない。

そして、勇気を出してフレンドを送って、Join の仕方を調べて、ぶっこんでみました。

そこには一日の終りを称え合う方々でいっぱいのとても楽しい空間でした。

4日目以降

VRマーダーミステリーは最高に楽しかった

イマーシブクラウドの Discord サーバーに入り、参加申込を行ったあと、「プロジェクトアーキテクト」というシナリオをプレイすることになりました。

※これからプレイしたい人は見ないことをおすすめしますが、エッセンスが含まれているので見てもいいかもしれません。

マーダーミステリーはネタバレ厳禁なため、何も言えないですが、最高に楽しかったです。

操作が少し難しいのかなとも思いましたが、VR ならではのギミックで、そのプレイヤーしか見れない情報などが徹底されており、安心してプレイできたのは驚きでした。

また、PC版でも大きな没入感があり、本当にそこにいるかのような体験をでした。

1時間という比較的短いシナリオだったのですが、とても濃密な時間でした。

感想戦ではプレイヤー同士の熱いトークがプレイ以上の盛り上がりを見せ、また、GMや代表者の方々の「マーダーミステリーでバーチャル文化を広げたい!」という熱いパッションも相まって、気持ちが高揚しまくりの時間でした。

これをやらないのは、まじもったいない!もっと広まれ!!

GM の方々、参加者の方々、本当にありがとうございました。

そして、2020/02/15 からクラウドファンディングで新プロジェクトがあるとのこと!何が行われるのか!?期待大!

えらい集会楽しい!

今日も生き延びてー!えらい!

Particle Live すごい!!

すごさが伝わらない!!

初心者におすすめする VRChat ツアー

そんなこんなで、VRChat をこの記事を読んでいる人にも始めてほしい!ということで、個人的におすすめしたいツアールートを考えました。

体験を固定することになってしまうので、それぞれに楽しんでいただきたい気持ちはありますが、ルートを誤ることで残念ながら嫌な目にあってすぐに辞めてしまった方もいらっしゃったようです。

「VRChat 始めました」という文言でググると、上記のリンクのような言葉もチラホラ見受けられます。

ですが、現実の世界も同じではないでしょうか。公共な場所は気分を害するものに触れる可能性は少なからずあります。

VRChat だって Public なインスタンスに行けば、怖い思いをすることもあります。私も最初期は冒頭のように怖い思いをしました。

でも、一度怖い思いをしたことで、この奥深い世界、クリエイティブな方々が溢れている世界に足を踏み入れるのを諦めてしまうのはあまりにももったいない

そんな気持ちを込めて、なるべく怖い思いをしないように、私の初心者なりの所感を元に、おすすめする VRChat ツアールートは以下になります。

出発の前にブロックの仕方を覚えておこう

いきなりツアーでもなんでもないですが、自衛する手段を持っておきましょう。

まずはブロックやパニックモードの使い方を覚えていくのがいいと思います。

パニックモードは、PC版の場合、左右両方の Shift キーと Esc キーで ON になります。

Esc キー→Safety→Shead Level を Normal にすると OFF になります。

[JP] Tutorial World へ出発!

[JP] Tutorial World へ出発しましょう。

その前に、そのまま Public で入ってもいいですが、操作方法を学びたい目的がある場合は、自分だけのインスタンスを作ってからのほうが、ゆっくり見れるのでおすすめです。

その後に、Public 属性のインスタンスに入るほうがいいでしょう。

自分だけが入れるインスタンスの作り方

World をクリックし、行きたいワールドを選択し、New Instance ボタンを押します。

Invite Only ボタンを押します。

Go ボタンを押します。

初めて訪れるワールドは、このやり方で入る癖をつけたほうがいいかもしれません。

勇気を持って挨拶をしてみよう

Public のワールドに入ってみると、すでにたくさんの方がいて、話に入れなかったりするかもしれません。

ですが、ここは勇気を持って「こんにちは!」と挨拶をしてみましょう。

特に、[JP] Tutorial World は初心者の方に対して親切な方が多く、疑問点があったら教えてくれるかもしれません。もちろん、礼節は忘れずに。

アバターを探す

最初のアバターは HIMIKO Avatar World のペデスタルアバターをお借りすることがおすすめです。

また、PC 版では気づきにくいですが、Oculus Quest を使うユーザーがいます。Oculut Quest を使うユーザーは制約があり、処理の重いアバターは姿が見えないそうです。そのため、HIMIKO Avatar World : Questのペデスタルアバターをお借りしてもいいでしょう。

イベントチェックは VRChat イベントカレンダーがおすすめ!

VRChatイベントカレンダー でも参照できますが、VRChat 内の日本語ワールドにも見かけることができます。こちらをこまめにチェックしておくと、楽しそうなイベントが見つかるかもしれません。

イベントに参加したい場合は、恐れずに主催者に Friend 申請をしよう

日本ユーザーが主催しているイベントは、多くが Friend+(知り合いの知り合いまで参加可能)のインスタンスで開催されています。気になるイベントがあったら、恐れずに主催者に Friend 申請をして、Join しましょう。

Join のしかたはこちらの記事が参考になります。

慣れてきたら

自分の思ういろいろな場所に散歩してみてください。

アバターワールドを巡ってみるのもいいですし、Random でワールド行ける方法もあるようです。

面白いワールドありますか?とフレンドの方々に聞いたら教えてくれるかもしれません。

私は今は、バーチャルマーケットの過去の会場をうろうろすることが多いです。

最後に

長文となってしまいましたが、VRChat を1週間やってみた所感をまとめてみました。

今はもう VR ゴーグルが欲しくて仕方がないです。Oculus Quest 欲しい!

とはいえ、もう少し PC 版で雰囲気を楽しんでいこうと思っています。

私と Friend になりたい!ということであれば、お気兼ねなく シエイカ/erith で VRChat で検索してみてください。

これを読んだ方が、よき VRChat ライフ送れますように!(そしてあわよくば、マーダーミステリーにも興味を持ちますように!)